中国語教材

★中国語マスターの極意★ 初心者の為の中国語講座〜ネイティブ音声付〜

中国語教材01

どんな教材なの?

中国語は極めて特殊な外国語です。

  • 「なぜ序盤でほとんどの日本人が中国語を投げ出してしまうのか?」
  • 「世界で13億もの人間が話せる中国語を、なぜ日本人の大半が話せないのか?」

 

中国語をマスターし、通訳としての仕事をこなせるようになった今なら、その理由が手に取るようにはっきりとわかります。
『特殊なスキル』には当然ながら『特殊な習得のコツ』がある…

 

もしもこの方法をあなたが使用すると…?

  • Step1. 最初の1ヶ月で「中国語脳」が目覚め…
  • Step2. 2ヶ月目である程度の中国語が理解出来るようになり…
  • Step3. 3ヶ月以内には中国語での日常会話が難なくこなせるようになる…

 

この手紙の中盤と終盤で詳細をご覧頂く事になりますが、本作は、ノウハウの特殊さゆえ、前代未聞の強力な仕掛けが組み込まれています。
今、あなたの心の中に「中国語は難しい…」と思う気持ちが一欠けらでもあるなら、もしくは従来の中国語習得法で挫折した経験があるなら、まずは何よりも、この手紙を最後までお読み下さい。

 

未だかつてあなたが体験したことのない、全く新しい中国語の習得法をゼロから全てお伝えします。
引用元→http://www.studypro.rulez.jp/chinese/

 

【網野式】動詞フォーカス中国語入門◆約6時間のネイティブ音声付き◆メールサポート付き

中国語教材02

どんな教材なの?

漢字が似ているから中国語は簡単だろうと思って始めると、とんでもないことになります。逆に言ってしまうと、漢字を見ただけで何となくわかった気分に
なってしまうので、中国語の理解力が全く向上しない、というありがたくない落とし穴にはまってしまうことになるでしょう。

 

ハッキリ言ってしまえば、これは中国語を「デタラメ読み」しているだけです。当然ながら、「デタラメ読み」では文章力どころか
スピーキングやリスニングは一切向上しません。

 

まったく漢字の読めない英語圏の人が、日本人よりも中国語のスピーキングやリスニングの習得が早いということから考えても、漢字が読めることは正しく利用しないと、全くのデメリットになりかねません。

 

漢字があるからといって、中国語と日本語は全く別物、ということを必ず心に刻み込んでください。
引用元→http://chinese-amino.com/main/

 

ファンキー末吉の中国語講座

中国語教材03

どんな教材なの?

ほとんどの中国語教材には「中国語は四声と呼ばれるイントネーションが何よりも大切だ」と書かれています。確かに中国語を話すときも聞くときもこの四声の発音を身に付けていなければ会話が成り立ちません。
しかし、その勉強の仕方に問題があるのです。そもそも四声は本では体感できるわけがありません。付属のCDなんかもっと役に立たないといえるでしょう。

 

「この教材通りに勉強を進め、書いてある例文を付属のCD・DVDと同じように真似して発音してみてください!」

 

一般的に出回っている教材のほとんどがこのパターンでした。
しかし……先生の喋っている発音と同じように発音してみろと言われても中国語を聞き取れない人間にどうやって同じ発音しろというのでしょうか?
先生が喋っているイントネーションと同じように喋れと言われても「不可能」と言ってもいいでしょう。

 

もはやスタートの時点から矛盾が発生しています。

 

しかも、その覚えている例文に関しても応用がほとんど効かず、日常会話、ビジネスなどで一切使えないものばかりなのです。
もし仮に、「発音は何度も聞くことで聞き取れるようになる」という言い分だとしても間違った発音で練習して変な癖がついてしまう可能性は非常に高いです。
引用元→http://www.funkychina.com/it/

 

わずか50個の動詞で話せる中国語(川原祥史によるメールサポート付き)

中国語教材04

どんな教材なの?


「たった50個の動詞で、中国語が話せるようになるなんて、信じられないな・・・」
あなたはそう思われたかもしれません。確かに、50個と聞くとすごく少ないように思われるでしょう。

 

 

でも中国語も、英語と同様に、1つの単語でたくさんの言い回しができる単語がたくさんあります。
たとえば、英語で”have”という動詞がありますが、この使い方として”持っている”以外にも、”食べる/飲む”や、”(病気に)かかる”といった使い方もします。

 

そして実際に”have”という単語は、英会話を聞いていても、色々なシチュエーション、色々な表現で使うことができる
ネイティブの方が本当によく使っている単語の一つなのです。

 

この英語でいう”have”のような、いろんな意味を持っていて、いろいろな使い回しができ実際に会話をする際に、知っていなければいけない単語
というのは、トータルでたった50個だけなのです。
逆にいえば、日常会話をするうえで、動詞はこの50個以外のものを覚える必要がないのです。
引用元→http://www.chai-go.com/afiri/

海外に行って言葉が通じなくて困ることってたくさんあるようですよね。水を頼みたくても「water」というのですが、「ウォーター プリーズ」と頼んでも「Pardon?」って聞き返されちゃったり、ケースの中の商品が欲しくて、指で差すけれど、間違えられてしまったり。

 

トイレも困るんですよね。同じ英語圏でもアメリカ・オーストラリア・イギリスで言い方が違ったりするから、その国に行く時には確認した方がいいですよね。

 

一見、「Toilet」で行けそうですが、飛行機に乗った時、トイレは「lavatory(ラバトリー)」だったするから、それが一般的なのかと思えば、アメリカでは「rest room」っていうのが一般的のようですし。でもイギリスは「toilet」で大丈夫のようですよ。

 

日本で慣れ親しんでいる英語が実は海外では全然違う発音で通じなかったり、国ごとで単語が違ったり。日本語は、日本だけで使われている言語ですが、英語は国境を越えていますからね。実践が大切かもしれませんよ♪

 

まずは旅行英会話の教材からはじめるしかないかもしれませんが、その後は実践実践で英語力を磨き上げていきたいですよね。

いざ英会話習いたい!!と思っても、はてさて英会話スクールって一体どこがオススメなんだろう??というところにぶち当たってしまいます。

 

一時期は駅前留学のノヴァなんてよく耳にしましたが、事件があって英会話スクール自体に不安を覚えてしまったという過去もありましたよね。

 

思ってみれば駅前って便利だなぁと思います。大人になってからの習い事って、結局どこかのついでにちょっと通えたり、もしくはその逆で習い事のついでにちょっと用事を済ませたり、有意義な時間を過ごせたりするという、プラスアルファの部分がすごく魅力的だったりするんですよね。

 

いくら自分磨きとはいえ、仕事や家事もあるわけだから、できるだけ時間的なロスは防ぎたいし、効率よく時間を使えるにこしたことはないっていうわけです。

 

そう思って英会話スクールを調べてみると、やっぱりもう基本的には、少人数・時間の振り替えがきく・ネイティブスピーカーの講師…なんていうのは当然のようなので、重きをおくところは立地なのかな??とも思うのでした。

海外ドラマや海外映画を字幕で見ているとき、ハナから英語を聞こうとせずに字幕だけを見ていたんですけど、ちょっと意識して英語の方を重点的に聞きながら字幕を見ていると、意外とわかるものですね。

 

かといって字幕がなかったらまったくもってちんぷんかんぷんなのには変わりはないんですけど、字幕っていうヒントがあるから、耳から入ってくる単語とけっこう結び付いてなるほど〜と思うことがよくあります。

 

日本語吹き替えで見ていて、気分を変えようと英語&字幕にすると、日本語吹き替えの訳と字幕の訳がけっこう違っていてビックリすることがあります。ともすれば、若干この登場人物キャラがちがってんじゃない??くらいにして。23レンタルだと数日になってしまいますが、それでも何回か見てみるのも、また違う面白味があって良いもんだなぁと感じます。

 

特に好きな作品だと、好きな言い回しとかけっこう頭に入ってきて自然に覚えてたりするし、英語をわざわざ勉強するよりも、もしくは逆にこっちの方が「英語を話す」には効率が良いんじゃないかな??とかも思います。

大人になると、毎日日常にに追われて、お稽古ごとをするとなるとなんだかわざわざ感もあって、なかなか始めるきっかけがなかったりします。特に結婚したり、子どもが生まれたりするとますますその機会はなくなっていくことが多いように思います。

 

今思えば、働いていて独り身だった頃が一番お金にも時間にも余裕があったなぁとしみじみ思います。あの頃おばあちゃんがよく「今のうちに何か習い事をしておきなさい」と言っていたのを思い出しては、年上の人からの親身なアドバイスには必ず真理があると実感します。

 

女性に人気の習い事と言えば、お料理や英語・中国語などの語学かなと思います。

 

お料理なんかは家庭に入れば必然になりますが、真っ白の状態からノウハウを知るためだけの習い事ではなく、既に家事として当たり前になっている雑事をワンランク上のものにするためにも人気とか。
外国語も必然ではなくても、話せることで自分の新しい人間関係を広げる可能性が広がります。習い事って生活を豊かにしてくれるんですね。